ウォシュレットの掃除方法

ウォシュレットの掃除方法です。いろんな機能が付いていて面倒だと思われるかもしれませんが知っていれば案外なのではないかと思います。
気を付けることはとにかく電装部品に洗剤や水をかけないことだと思います。くれぐれも無理をなさらないように。

<スポンサーリンク>

ウォシュレット全景


これはTOTOさんの割と新しめのタイプになります。今回のサンプルはこのタイプです。複雑ですのでできるだけ分解して掃除しやすくします。コンセントは抜いておきます。

便座外し


便座を取り外します。便座の付け根にあるプラスチックの部品を写真のように上にあげれば上に引き抜けます。もちろん力はいりません。

便座を外したところ


これで付け根の部分の入り組んだ部分も掃除しやすくなりました。洗剤が必要ななほど汚れている場合は中性のものを使います。ちなみにコードは本体とつながったままです。

ウォシュレット本体外し


次にウォシュレット本体を便器から取り外します。本体の右側に写真のような部分がありますのでここを押しながら本体を前方向に押すと取り外すことができます。

ウォシュレットを外したところ


これが本体を前方にずらしたところです。ちなみにこの取り付けの台座の部分はかなり汚れていることが多いです。細かい部分もブラシなどできれいに掃除します。

脱臭フィルター掃除


本体を裏返してみました。脱臭のフィルターがほこりで詰まっていましたのでこれもきれいにします。本体の裏側も台座同様に汚れていることが多いですのでふき取るような感じで掃除していきます。

ウォシュレット本体の蓋外し


本体の蓋を開けてみましょう。本体の裏側にネジが二か所確認できます。これを外して爪を壊さないようにやさしくはずしていけば本体のカバーが外れます。

本体のカバーを外したところ


本体のカバーを外したところです。新しいだけあってきれいですね。通常はノズルの周りが汚れていたりしますのでふき取る様に掃除していきます。
とにかく周りを濡らさないように、洗剤を使ってもふき取るような感じで掃除していけば大丈夫でしょう。

コツは中性のトイレクリーナを使うことと、洗剤を飛散させたり垂らしたりして電装部品を濡らさないことです。
便器の尿石がひどい場合は、ウォシュレット本体を外してからサンポールなどを使うこともあります。使い終わったら必ずアルカリ洗剤で中和します。

<スポンサーリンク>



お掃除番管理人からひと言

洗剤は中性で。



ハウスクリーニングイメージ

このページの先頭へ