キッチン・シンクの掃除方法

ここも上から下へと掃除していきます。上部に収納がある場合そこから掃除していきます。アルカリ洗剤を塗布、後に水ぶきで大丈夫でしょう。キッチンの壁などに油の玉ができている場合は、洗剤塗布後ヘラ等で削ったほうが早いでしょう。その後スコッチのハイブリッドなどでこすればきれいになります。

壁がタイルの場合、目地の汚れが大変ですよね。これも洗剤塗布後油の玉削り、その後やわらかいスコッチでタイルを拭き目地の部分は固めのブラシで一本一本掃除していきます。最後に水ぶきして洗剤を取り除き仕上げます。

その後ハイターやカビキラーに含まれる除菌漂白成分の次亜塩素酸で目地を漂白してもいいと思います。スプレーして全体に伸ばしてもいいですし雑巾につけて拭いてもかまいません。その後ちゃんと水ぶきしましょう。
また、キッチンワイドハイターでもいけると思いますよ。こちらのほうがマイルドでいいかもしれません。

<スポンサーリンク>

ワンルームのキッチン現状


さて、シンクです。ステンレスの上板の部分です。トラップ等はハイターに漬けて置けば綺麗になります。汚れが残っていても柔らかくなってるのでブラシ等で汚れを取り除きましょう。
まず油汚れをアルカリ洗剤で取り除きます。次に酸性洗剤(クエン酸、酢等)を全面塗布してしばらく置きます。長い時間湿布すると色が抜けますので湿布はしないでください。この場合サンポール+台所洗剤はあまりおすすめできません。スピードが要求されますので。

その後スコッチブライトハイブリッドや、傷が付かないタイプパッド等で白いカルシウム汚れを擦り取ります。そのときに注意するのはステンレスの目、ヘアーラインと同じ方向に磨くということです。大体横方向だと思います。

ワンルームのキッチン掃除完成


シンクが古くて小さな傷が目立つ場合、洗剤をふき取った後2500番の耐水ペーパーで磨いていきます。耐水ペーパーも使い古しのほうが使いやすいです。その後クレンザーで磨いて水ぶきから拭きして終了です。
私は酸性クレンザーで磨いているのでクレンザーに酸性洗剤を加えて磨くといいと思います。蛇口の部分も酸(クエン酸など)を塗布した後にクレンザーで磨きます。。また、酸を使った後は必ず中和するためにアルカリ洗剤で拭いてください。そうしないとステンレスを傷めてしまいます。

システムキッチンのコンロ部分はたまに掃除してないと大変なことになります。五徳等はアルカリ洗剤+50度から60度のお湯に一時間ほど漬けて置いて油汚れを浮かせます。それでも取れない焦げ付きはヘラ、金たわし等で削ったりです。削る場合はカッターで鉛筆を削るようにすると比較的楽です。
魚焼きの網も同じように行いますが、もう手遅れだったら買った方が早いかもしれません。

グリルの中はキッチンペーパーに洗剤を浸してシップしておきます。緑のマジックリンがいいと思います。この場合はスプレーのほうが使いやすいと思います。その後パッドで掃除してよく水ぶきしておきます。

キッチン下の収納は上の収納と同じです。扉の内側にすり汚れがあるときはクレンザーで磨くと大体取れますよ。そのあと水拭きしてくださいね。

余談ですがシンクの下の扉をあけると排水用のホースがありますよね。そのホースが床におさまる部分に隙間が開いていませんか?ここはゴキブリの通り道になっています。テープなどで塞ぐとかなりゴキブリの数が減ります。

キッチンのまわりに汚れた水が飛び散ってクロスの汚れが気になる場合は、あらかじめクロスを濡らして置いてください。飛び散った汚れは水の上に付くのでふき取りが容易になります。それでもクロスに付いたらすぐに水ぶきして汚れを取ってください。

また、キッチンの天板が白い人造大理石のものもよく見かけます。
これはアルカリ洗剤で掃除した後にハイターでまんべんなく掃除してそのまま5分ほど放置そして水ぶきをしっかりして仕上げるとすっきり黄ばみもなくなると思います。

蛇口付近


この様な天板もアルカリ洗剤、クレンザー、ハイターでここまできれいになります。

蛇口付近の掃除完成

<スポンサーリンク>



お掃除番管理人からひと言

シンク磨きは楽しいですね。腱鞘炎間近ですが。



ハウスクリーニングイメージ

このページの先頭へ