錆び取り

ハウスクリーニング屋さんのホームページに「レーザー光線始めました。」という文字が躍る日がやってくるのでしょうか?なんとレーザー光線を使って鉄のサビを取る装置が開発されたようで、その動画が公開されていました。もしかしたらこれはお掃除革命になるかも(笑)

<スポンサーリンク>

普通、金属の錆びを取るとしたら、ケミカル、つまり錆び取り剤などのケミカルの反応を使って綺麗にする場合や、ピカールなどの研磨剤を使って磨いたり、ファブリックシートなどパッドを使って綺麗にしたり、また、これらを併用したりしてクリーニングすると思います。
磨きを入れると、見た目はわかりませんが細かい傷ができたりするのが難点ですが、普通はそれを磨きと言っています。細かい傷は見た目にはわからないのでそれを綺麗になったという状態だと我々は認識していますし一般的にはそうでしょう。考え方を変えれば、細かい傷を入れることでほかの傷を目立たなくするということも言えると思います。まぁ、簡単に認識できる範囲の話ではないですけれど。

ケミカルを使う場合は、金属の表面に何かしらの変化が起きてしまいます。それが目に見えるかそうでないということで、見た目には確認できないですけれど何かしらの変化が起きていることは間違いないでしょう。錆だけを取り除けれればいいのですが、どうしてもその下の金属までケミカルは届いてしまいます。
これらは、別に悪いことではありませんし、一般にはこれで良しとされています。
しかし、レーザー光線を錆に当てて取り除くこの装置は、金属を全く痛めないそうで、しかも瞬時に錆を取り除けるようなんですね。

すごいですね、この映像。
バリバリとすごい音を立てて金属がきれいになっていきます。
レーザーが照射されたところから何か光のようなものが上へと上がっていっているのが見えますが、これが錆びの粒子みたいなものらしい。なんだか漫画とかの表現でよくあるUFOから光が照射されて誘拐されるときのような感じですよね。音もなんだかスターウォーズのライトサーベルを振り回しているときのような音がします。これは結構近いのかもしれませんが。

<スポンサーリンク>

塗装も綺麗に剥げるようで、そして油膜も綺麗になるというから、もしかしたら将来的にはレンジフードのシロッコファンの掃除とかで使えるようになるのかなと考えたりもします。
最近では、大規模改修の時に建物の外側に塗った塗料を剥がすのに、超音波を使った剥離の装置を使って施工したりしていますが、今度はレーザーになるかもですね。超音波のほうは結構力も使って疲れますが、レーザーだと簡単そうで何よりです(笑)
何よりびっくりするのが、これは人体に当たっても皮膚が損傷したりしないということなんじゃないでしょうか。
比較的安全なんですよね。

現段階でもそれほど装置は大きくないようですし、もしかしたら実用化もあるのでは?と考えたりします。
そしたら、これを持っているハウスクリーニング屋さんも出てきたりするのかなと。
私だったらホームページの目立つところに書いちゃいますね「レーザー光線始めました。」と。

ただ、気になるのはお値段です。
まずはダスキンさんあたりが導入するんじゃないかと。

注目の関連記事