残念な水圧・・・

生活するにおいて水っていうのはかなり大きなウェイトを占めていると思います。炊事したり洗濯したり体を洗ったりそして飲んだり。まさに生活の要ですね。
その水においてストレスを感じることがあったらそれはそれは大変なことだと思うのです。毎日のことですし逃れようもありません。
水圧や水量のチェックをして今の賃貸に住まわれていますか?
たぶんしていないと思うんです・・・。

<スポンサーリンク>


賃貸を借りるときは、水圧・水量もチェックする。

水圧・水量ですが普段私は「圧がない」というような表現をしてますので水圧で統一しておきます。そう、水圧のない物件がたまにあるんです。
具体的に申しますと蛇口を目一杯開いても、元のバルブをフルオープンにしても水道の蛇口から水が勢いよく出てこないんです。これはとある物件のその部屋だけではなくすべての部屋において言えると思います。
もしかしたら貯水槽が一階にあるマンションでの高層階だけかもしれませんが。低い階はそれなりの水圧かもしれません。

水圧が低いとかなり不便です。トイレで用を足してもタンクに水が溜まるまで時間がかかります。炊事のときも大変でしょうし、洗濯も時間がかかります。
浴槽にお湯をためるのにも時間がかかりますしシャワーも水圧がないと気持ちよくないでしょう。毎日のこととなると結構気になるものです。今は低水圧用のシャワーヘッドなるものも発売されてはいますけどね。

建物内の各家庭での同時使用やお風呂、キッチン、トイレでの同時使用でさらに水圧は低くなるんです。 2階建てくらいのアパートではこのような物件はあまりありません。古い鉄筋コンクリート建ての4,5階建てのマンションにたまにこのような現象が見受けられます。4,5階建てなのにエレベーターのない物件(昔の基準)ですとか。
もし、このような物件に決めようと思ったならば、物件を見に行ったときに不動産屋さんに許可してもらって水道の蛇口をひねってみてください。水を出してはいけないとは言わないでしょう(笑)

そのような水圧のないマンションでは、最近まるごとマンションのリフォームで一階の貯水槽をなくして直接ポンプで各階へ給水するシステムに変更しているようです。

<スポンサーリンク>


賃貸マンションアパートの賢い選び方・メニュー

水圧・水量をチェック(このページ)

物件を見に行った際には蛇口もひねってみてください。

ベランダもチェック

ベランダから見える周囲の環境からいろいろなことがわかります。

ゴミ置き場も一応チェック

ごみ置き場から見える住人の姿って感じです。

幹線道路・線路の近くの物件

騒音ももちろん気になりますね。

入居後トラブルのないように

入居後トラブルを発見した、ということがないようにしたいですね。

賃貸マンションアパートの賢い選び方

賃貸マンションアパートの賢い選び方TOPへ



お掃除番管理人からひと言

水圧が低いとシャワーが絶望的に気持ちよくないです。浴室の壁や浴槽についた石鹸がうまく流れずに、お風呂の汚れの原因になったりします。
また、水圧ばかり強くて水量がないのもダメですね。シンクで水が跳ね返って周りを濡らしすぎなキッチンに出くわしたことあります。

マンション画像

このページの先頭へ