賃貸

はじめに・・・

私の仕事は主に賃貸の入れ替え時のハウスクリーニングです。だれも住んでいない空室です。今までにいろいろな賃貸物件を見てきました。高級マンションぽい物件や今時の若者に受けそうなおしゃれな物件、昭和の時代を思い出させるような木造の物件などいろいろありますが、それぞれにニーズがあり、身が引き締まる思いで一つ一つの仕事をこなしています。

そのような多様な物件を見ているうちにいろいろなことに気づくようになりました。といいますか、実際住むとしたらこれは後々になって気になって仕方なくなるのでは?という思いですね。
この「賃貸マンション・アパート選びのコツ」に書いていることは普通のマニュアル本には書いてないような内容のものだと思います。私の経験をあなたの物件選びに生かしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


一般的な賃貸マンション・アパート選びのコツとは

みなさんは賃貸マンション・アパートを決める際にいくつかの項目について考えると思います。
まずは「家賃」ですね。毎月支払われるものですからできるだけ安いにこしたことはないでしょう。 次に「立地」です。自分の勤務地、学校に適当な距離であること、近くに駅やバス停があること、車を使うなら駐車場も同時に借りれるところ、スーパーやコンビニ、クリーニング屋、レンタルビデオ屋があるところでしょうか。ちょっと欲張りすぎですが。。。 次に「間取り」です。何人住むのかで違ってきますし、ワンルームでもかなり狭い部屋もありますからね。 次に「築年数」です。古い建物は絶対いやだというかたくなな人もいらっしゃるでしょう。 最後に「日当たり」でしょうか。日当たりがあるかないかでかなり部屋の印象もかわってきますよ。
まとめると、

  • 家賃
  • 立地
  • 間取り
  • 築年数
  • 日当たり

賃貸物件を借りるときにはだいたいこんな項目でその物件を判断していると思います。
これらはある関係性を持っていて、2・3・4・5が悪い状況ですと1の家賃は安くなりますし、逆ならば高くなります。これらの項目に自分で優先順位をつけて判断していくと優柔不断な人でも意外と早く決めることができるんじゃないのでしょうか。
特に春の移動の季節にはぐずぐずしてるといい物件はすぐ決まっちゃいますからね。もちろん手付金を払って物件を押さえることもできるんですけど、これは解約手付けといって、ほかにいい物件が見つかりその手付けを支払った物件を手放すときに手付金は払い戻されないような仕組みになってるんです。法律でそうなっています。ですのでスパッと決めたいですよね。

さて、いろいろ物件をみて候補が2,3件きまりました。または住んでもいいかなと思う部屋が見つかりました。まさにそのときにこのサイトを活用してほしいのです。最後の判断材料になるかもしれません。
いままであまり言われてこなかった賃貸マンション・アパート物件選びの判断材料となる事柄が書かれています。あくまで最後の判断材料で付随的なものですからはっきりいって無視しちゃってもいいようなものかもしれません。

でもね~、意外と困ることがあるんですよ。。。

スポンサーリンク


賃貸マンションアパートの賢い選び方・メニュー

水圧・水量をチェック

物件を見に行った際には蛇口もひねってみてください。

ベランダもチェック

ベランダから見える周囲の環境からいろいろなことがわかります。

ゴミ置き場も一応チェック

ごみ置き場から見える住人の姿って感じです。

幹線道路・線路の近くの物件

騒音ももちろん気になりますね。

入居後トラブルのないように

入居後トラブルを発見した、ということがないようにしたいですね。



お掃除番管理人からひと言

誰もが家とかマンションを買って暮らすほうがいいと思っている世の中ですが、実際は賃貸のほうが向いている人っているんですよね。

賃貸

このページの先頭へ