カビとりハイターストロング

これは多分新製品ではないと思います。なんで挙げたのかとお思いでしょう。それは最近のことでした。自宅の風呂(ユニットバス)にカビが目立ってきたので掃除しようと思いコンビニへカビキラーを買いに行ったんですよ。でも、もうそこにはカビキラーはなく代わりにこのカビとりハイターが置いてありました。

セブンイレブン、サンクス両店に行ったのですがカビキラーはもう置いてありませんでした。若干の世知辛さを感じながら仕方なくこれを買って帰りました(カビキラーファンなもので)値段はスプレータイプの普通の洗剤とそんなに変わらないようですね。

<スポンサーリンク>

カビ取りハイター


普段、自分家の風呂掃除をする目安としてはやはりカビの発生具合です。今回はシャワーカーテンに斑点のようにカビが発生していたのでカーテンを重点的にやりました。
2点ユニットなので便器もついています。それも一緒に掃除しております。

カビ現状


やり方としてはとにかく満遍なくスプレーするということでしょうか。もちろんスプレーだけでは満遍なく広がるわけではなく洗車ブラシのようなものを使って広げてやります。
このとき注意する点はスプレーをかけて泡が垂れてしまってそのままにしていると泡の部分だけきれいになり模様ができてしまいます。いわゆる液だれの状態です。これは直すのに一苦労するので全体に泡が塗れているか必ず確認しましょう。スプレーする前に一度全体をシャワーで濡らしておくといいと思います。

このときはカーテンから浴槽、便器、床と塗ったくりました。なんだかんだで一本使ってしまいました(´・ω・`)ちょっと使いすぎですね。もう一点注意点があります。スプレーなので必ずマスクを着用するということです。喉を必ず悪くします。私はこのときタオルを口をふさぐように巻いてやりました。効果は薄かったです。失敗でした。もちろん換気はよくしてあります。

塗ったくった後10分放置してお湯でブラシで軽くこすりながら洗い流しました。洋服に泡が付くと色が抜けてしまうのですぐお風呂に入るつもりでトランクス一枚でやりました。

カビ取り完了


そんなに重症でもなかったので上の写真のように落ちました。便器もつややかになりましたよ。ワントーン明るくなった印象です。

カビキラーとの比較になってしまいますがこちらのほうが若干強力なような気がしました。強い分喉にきますね。マスクは必需品です。その日寝るまで喉が痛かったし、鼻の奥でハイターの臭いがしてました。ユニットバスの外までハイター臭さが拡散してしまってるようでした。この臭いがまったくだめな人にはつらいと思います。

というわけでレポートは終わります。
とにかくマスクは(できればメガネも)必需品だと思いますので着用をお勧めします。もちろんゴム手袋もです。

<スポンサーリンク>


お掃除用品新製品のレビュー・メニュー

カビとりハイターストロング(このページ)

コンビニにも売っているおなじみの商品だと思います。

ミクロブラシクリーナー

100円ショップで見つけましたが、ずっと存在することはないかも・・・

白木漂白クリーナー

ホームセンターで見つけました。

カビ取るです

カビとりジェルです東急ハンズに売ってました。

スコッチブライトハイブリッド

スコッチブライトといえばお掃除関係では有名すぎるくらい有名です。

グラスターゾル、スプレー

ガラス用のスプレーです。

あみたわし

本来は食器洗い用なんですけどね。

ツヤコのバスブラシ

ちょっとかわいいお風呂掃除用のブラシです。

カビトルデスPRO

カビとりジェルです。カビとるですの改良型でしょうか。

ヴァイカン(vikan)・ベーカリーブラシ

ベルギー製のブラシを買いました。

洗車ブラシのグッピー

非常にやわらかい毛のブラシです。

ケルヒャー掃除機 T7/1プラス

有名なケルヒャーの掃除機T7/1プラスです。

ニルフィスク掃除機 VP300ECO

業務用で有名なニルフィスクの掃除機VP300ECOです。

お掃除用品新製品のレビューTOPへ



お掃除番管理人からひと言

カビとりスプレーは簡単で効果絶大です。まんべんなくスプレーして、ブラシ等でなじませるのがコツかと。

お掃除新製品感想

このページの先頭へ