洗剤

お掃除用洗剤の種類と効果的使い方

一言で洗剤といっても色々なものがあります。
ここでは洗剤の大まかな種類と掃除した後に使える艶出しのようなものを紹介します。

スポンサーリンク


お掃除用洗剤の種類

アルカリ洗剤

普通、洗剤といえばアルカリ~弱アルカリ洗剤のことをいいます。市販されているものはだいたいこの位置づけでしょう。アルカリ度(PH値)が大きいほど強力であると考えられます。あらゆる汚れに使えますが強力なものはレンジ周りの油汚れに力を発揮します。
花王から発売されてるパワークリーナーやジョンソン・ディバーシ―のブレイクアップなどがホームセンターに売られていることがあります。これらの洗剤は油汚れにかなり強く、強すぎて古い塗装などは剥がれてしまいます。皮膚に垂れると火傷してしまうくらい強いものなのでゴム手袋は必修です。スプレーでは絶対に使用しない事!(私は顔を火傷してしまいました)
家庭で使うことを考えたら、お子さんのいる家庭もあることですし危険だと思われますのでお勧めはしません。
家庭用なら緑のマジックリンなどをうまく使っていけばかなりの成果があると思います。

酸性洗剤

サンポール

普通に市販されているもので有名なのがサンポールでしょう。これは昔からあるロングセラー商品ですね。
これには塩酸が入ってます(9.5%)便所の陶器や玄関などの床タイルを掃除するときに使います。新築の建物でもタイル面は合成塩酸で洗います。範囲が狭いときにはサンポールも使っていますよ。
なお実践編に出てくるサンポール+中性洗剤の組み合わせですが、なぜ混ぜるかというとサンポールをマイルドにするためです。PHで言えば中性に近づけます。塩酸は金属を傷めてしまいます。銀色のステンレスが黒っぽくなります。黒く酸化してしまうと元に戻すには大変な労力を必要とします。これを防ぐのがねらいです。これはかなり古くなったものに使うくらいで通常の掃除にはお勧めしません。
いまは酢酸やクエン酸を配合した洗剤も売られていますね。シンクやお風呂の水垢をとるのに有効です。こちらのほうが安心して使えます。
強さとしては、クエン酸<酢酸<サンポール+中性洗剤くらいに考えておくと目安になります。
なお、酸性洗剤をつかった後は必ずアルカリ洗剤で中和するのが基本です。そうしないと対象物を傷めてしまいます。その時は大丈夫だ、きれいになったと思っても後にくすんだり傷みが出てきます。

*ハイターやカビキラー(塩素系)とサンポール(酸)は混ざらないように注意が必要です。ゴム手袋についたものでも注意してください。有害ガスが発生して非常に危険です。

続きを読む

スポンサーリンク


お掃除用洗剤の種類と効果的使い方・メニュー

お掃除用洗剤の種類(このページ)

洗剤を成分でおおまかに区分けしています。

お掃除用洗剤の種類2

洗剤を成分でおおまかに区分けしています2。

洗剤の区分けと効果的使い方

洗剤の基本的、効果的使い方について。



お掃除番管理人からひと言

基本的なのが一番効果的であったりします。

洗剤

このページの先頭へ