いろいろなお掃除用の洗剤があるけど違いがよくわからない。

お掃除用洗剤を選ぶならよく汚れが落ちるものを選びたい。

マジックリンとマイペット



これから掃除をしよう!とか、大掃除を始めようと思った時、多分あなたは洗剤を買いにドラッグストアやスーパーに行くことだと思います。
今や、ドラッグストアが主流ですよね。私もたまについつい長居をしてしまいますが。
洗剤の並んでいる棚を見て、ラベルとかその洗剤のうたい文句などを読みながら洗剤を選ぶわけだと思うのですが、やはり、汚れがよく落ちて、効果の高い洗剤を選びたいはずなんですよね。
中には見た目がオシャレで、部屋に置いておくと映えるオブジェのような外観の洗剤を選びたいと思う人もいるかもしれませんが、洗剤を選ぶという行為はまさに、効果の高いものを、汚れ落ちの良い洗剤を選ぼうとしているということだと言えます。

が、しかしですよ、いろんな洗剤をいろいろと買ってみて試してみるけど、そんなには違いがないと思ったことはありませんか?

いろいろなお掃除用洗剤が売られているけれど、みんな同じなんじゃないの?

スポンサーリンク


大掃除など掃除を始めてしまえば、夢中になって、洗剤の違いや良し悪しなんて忘れているかもしれません。
早く終わらせて、ゆっくりテレビ見たいとか、遊びに行きたいとか、ラインの返事してないし、とか、時間はまさに有限でいろいろとみなさん忙しいと思われます。
命短し恋せよ乙女、なんてそんな言葉を持ち出すまでもなく、です。
はっきり言って掃除なんてしたくない、できることならやりたくない、そう思っている人がほとんどでしょう。

そんな状態では、洗剤の良し悪しなんて特に気にする暇もなく、とにかく洗剤を使って掃除をしている、掃除をするには洗剤を使うのが当たり前なので、前回これ使ったからまたこれでいいや、という思考停止のような感じもあるように思います。
そういうわけで、今使っている洗剤にある程度満足してしまうような精神状態なのではないのでしょうか。
もったいないからあるやつ使っちゃえ、とか、泡が出てるからいいや、とか

お掃除用洗剤を買う時にはその成分を確認しよう。

おっと、ちょっと脱線してしまいました。
「いろんな洗剤を買って使ってみるけど、それほど違いがわからない」という問題です。
一般家庭用に家庭環境での使用について危険が及ばないように、その性能を抑えているだろうというのが、もっとも大きな理由だと思うのですが、洗剤の成分を見た時に、同じような成分で構成されている洗剤は、やはり同じような効能を持っているということはあらかじめ想像がつきます。
違いが分からないのは、同じような洗剤を使っているから違いが分かりにくいのでしょう。
ですので、洗剤の成分を確認してから洗剤を選ぶというのはかなり基本的かつ大切なことと言えます。
引きの強い広告に釣られていろいろ買ってみたが、実は全部同じ成分からできたものだった、なんてことが起きないように、ここではいろいろと洗剤の区分けをして、洗剤の認識を少し変えてみたいと思います。

とはいえ、ドラッグストアでは洗剤の選択肢はそれほど多くないのが実情です。マジックリン系が幅を利かせていますよね。
ホームセンターではいくらか専門性の高そうな洗剤も置いているところが多いと思いますが。
しかし、洗剤の成分から考えられる効果というのは確実にあります。その求める結果を導き出せる効能もないのにとある洗剤を使うということは意味のないことですし、時間とお金の無駄になります。

スポンサーリンク


その汚れにもっとも適応した洗剤を使ってみる。

ドメスト



成分の違いで申しますと、例えば、同じトイレ用の洗剤でも、サンポールとドメストでは全く成分が違いますし、お互いに「混ぜるな危険」な間柄になっています。
それぞれの洗剤にはそれぞれの狙いがありますし、違った効果を生み出す洗剤です。
ですので洗剤の成分に目を向けることは大切なことだと私は思うのです。

洗剤の汚れ落ちの力量としては、その洗剤のポテンシャルもありますが、その使い方も大きなウエイトを占めています。
洗剤の能力を最大限に生かすような使い方をすれば、市販の家庭用の洗剤でもそれなりの効果を得ることができると思います。

例えば、洗剤を溶くには水ではなくぬるま湯を使うとか、洗剤を使う面にはあらかじめ水分を与えて洗剤がよく回るようにしておくとか、洗剤が対象物に影響を及ぼしている時間をどうするか、とか、ちょっと考えるだけでいろいろと出てきます。
このように、洗剤の使い方にも基本的なことがありますので、それについてもいくつか書いてみようと思います。


私自身、ハウスクリーニングという仕事に魅かれたのは、よく落ちる業務用の洗剤に出会ったということが一つの理由だと思っています。
当時は、ホントに感動して、掃除するのが楽しくて仕方ありませんでした(笑)
業務用洗剤でなくても、よく汚れが落ちるような体験をぜひしていただきたいと思っています。

はっきり言って、そのためにあるサイトだと思っているんですよ(笑)

スポンサーリンク


お掃除用洗剤の種類と効果的使い方・メニュー

お掃除用洗剤の種類と効果的な使い方

目的に合ったお掃除用洗剤の選び方について。

お掃除用洗剤・アルカリ洗剤編。

アルカリ洗剤の種類や用途、使い方や使う際の注意点について。

お掃除用洗剤・酸性洗剤編。

サンポールなどの酸性洗剤の種類や用途、使い方や使う際の注意点について。

お掃除用洗剤・ハイター・カビキラー系洗剤編。

キッチンハイターやカビキラーなど漂白能力がある洗剤の種類や用途、使い方や使う際の注意点について。

お掃除用洗剤・クレンザー・磨き粉系洗剤編。

クレンザーや磨き粉系洗剤の種類や用途、使い方や使う際の注意点について。

お掃除用洗剤・シールはがしや落書き消し、溶剤編。

シールはがしや落書き消し、溶剤の種類や用途、使い方や使う際の注意点について。

お掃除用洗剤・つや出し系の洗剤編。

つや出し系洗剤の種類や用途、使い方や使う際の注意点について。

洗剤の能力を100%引き出す掃除方法:9つのヒント。

お掃除用洗剤の効果的な使い方や汚れの落とし方についてのヒント。



お掃除番管理人からひと言

基本的なのが一番効果的であったりします。

このページの先頭へ