オレンジ水の作り方

先日の実習会でオレンジ水も作ったのでそのことをレポートします。

なんでオレンジ水なのかと申しますと、オレンジにはリモネン、レクチン、クエン酸という汚れ落としの成分が含まれているのでそれを洗濯、染み抜きに利用しようというわけです。
市販の洗剤にもオレンジ成分が含まれているものもありますがご自身でも簡単に作れますとのことでした。
安価でエコで安全でオレンジの皮という廃品?を使ってできるのだからこれまたエコですよね。

<スポンサーリンク>


オレンジの皮を煮る


原材料としてのオレンジは柑橘系ならなんでもよいそうです。
オレンジの皮を鍋にいれてゆがきます。 要するに発酵を促進させるわけです。
このままゆがきつづけると最終的には酢になるそうです。

オレンジの皮をミキサーにかける


次にそのままミキサーにかけ皮を潰して液体状にしてから漉します。

ミキサー完了


簡単ですよね。要するにゆがいて漉すだけなんですから。 最後にちょっと塩を入れておくと発酵が落ち着くので日持ちするとのことでした。
これをどういうふうに使うかと申しますと洗濯するときに洗剤と混ぜたり、ふきんなど汚れがひどいものを煮洗いしたりします。 酵素分解の効果を狙うわけです。
前出のリモネン、レクチン、クエン酸の効果ですね。
油分を分解させる能力は高いと思います。

オレンジ水のペーハー


最後にPHチェッカーでPHを計ってみました。
4.7で弱酸性ですね。予想通りでした。

<スポンサーリンク>


重曹を使ったしみ抜きや洗濯方法・メニュー

重曹を使った染み抜き剤、洗濯洗浄液のレシピ

レシピのとおり作れば自作できます。

親父特製ブレンド染み抜き剤による染み抜き方法

しみ抜き方法もわかりやすいと思います。

重曹を使った染み抜き剤の使用について

親父さんからコツを教えていただけます。

重曹洗濯・染み抜き実習会レポート

実際に実習会というかワークショップに参加してみました。

オレンジ水作ってみました。(このページ)

洗浄成分のリモネンやクエン酸配合の(当たり前ですが)オレンジ水です。すごく簡単です。

重曹を使ったしみ抜きや洗濯方法TOPへ

重曹を使ったしみ抜きや洗濯方法TOPへ戻ります。



お掃除番管理人からひと言

みかんの皮はお風呂に入れたりオレンジ水になったりと捨てるのがもったいないですね。

しみ抜き実習

このページの先頭へ