親父特製ブレンド染み抜き剤による染み抜き方法

染み抜きに使う道具

親父特製ブレンド染み抜き剤、ガラス容器とそれを湯煎する器、軟毛の刷毛、竹ささら(なければ剛毛のブラシ等)、要らないタオル、染み抜き台(まな板などが便利)

<スポンサーリンク>


染み抜き方法

湯煎

まず、ガラスの器に染み抜き剤をとり、35~40℃に温めます。50℃くらいのお湯で湯煎すればよいでしょう。

染みが付いた服

衣類を染み抜き台の上に置き、染み部分の裏側にタオルをあてがいます。

染みが付いた服に刷毛

刷毛を使って、染み部分に染み抜き剤を塗ります。刷毛で衣類表面を優しくなぞってやると泡立ってきます。

ささらで叩く

竹ささらで染み部分をトントンと叩きます。

手もみ洗い

染み抜き部分をやさしく手揉みします。

染み抜きを行うときの注意

染み抜き剤を塗り足しながら、以上の叩き、手揉みを繰り返します。下に敷いたタオルに染みが移っていれば、染みが落ちてきている証拠です。
染み抜き後、水ですすぐか洗濯機で普通に洗濯して、効果の程を確認してください。

※色落ちしやすそうな生地を染み抜きする場合は、裏地で試してから行いましょう。

※染みが落ちない場合は、


・時間を置いて何度か繰り返す
・染み抜き剤の温度をあげてみる
・染み抜き剤に重曹、グリセリンを追加する

※色落ち、毛羽立ちしやすい生地は、裏地から染み抜きすると良い。

※ウール、シルク等の動物性繊維は、染み抜き後すぐに水洗いして中性に戻すこと。

<スポンサーリンク>


しみ抜き

重曹を使ったしみ抜きや洗濯方法・メニュー

重曹を使った染み抜き剤、洗濯洗浄液のレシピ

レシピのとおり作れば自作できます。

親父特製ブレンド染み抜き剤による染み抜き方法

しみ抜き方法もわかりやすいと思います。

重曹を使った染み抜き剤の使用について

親父さんからコツを教えていただけます。

重曹洗濯・染み抜き実習会レポート

実際に実習会というかワークショップに参加してみました。

オレンジ水作ってみました。

洗浄成分のリモネンやクエン酸配合の(当たり前ですが)オレンジ水です。すごく簡単です。

重曹を使ったしみ抜きや洗濯方法TOPへ

重曹を使ったしみ抜きや洗濯方法TOPへ戻ります。



お掃除番管理人からひと言

なんとささらまで親父さんの販売サイトでは売っています。

しみ抜き実習

このページの先頭へ