シンクの排水管の詰まりについて

シンクの場合も詰まる場合は圧倒的に異物混入だと思います。
シンクにはまず野菜の屑やゴミを受けるストレーナーといいますかごみかごがありその下にトラップがありますので普通に考えればまず異物が流れていくことはないかと思います。
異物が流れて行く場合は例えばごみかごに溜まったゴミを掃除するためにごみかごを取り外したその時なのかなと思います。

<スポンサーリンク>



また、ごみかご自体は網の目のようなものが一般的になっていますが一世代前は細長い短冊型の網目のものもありますし、ワンルームタイプのものではシンクのごみ受けがあるもののトラップがない仕様のものもあります。これらの場合は異物混入する確率は高くなりますね。

シンクのトラップ

ではどこに詰まるのかと言いますと、私の経験ではキッチンの下の扉を開けた時に見えるシンクから排水管へとつなぐ蛇腹の管に異物が詰まっていることが多いです。蛇腹ですので凸凹していて異物が引っ掛かりやすいんです。
なんで蛇腹かと申しますと設置するのに簡単だからだと思います。シンクの排水口と下水の管が垂直方向にずれているとしても蛇腹なら簡単につなぐことできます。

例えばここに爪楊枝一本が引っ掛かっているとするとシンクの排水はそれだけで悪くなってしまいます。そのうちこれにゴミや髪の毛などが絡まっていきますます流れが悪くなって行くんです。

シンクの下の排水の詰り


上の写真の場合では食パンなどの袋の口をとめるプラスチック製のものが引っ掛かっていました。かなり流れが悪かったです。
蛇腹の管を取り外して(ただ排水管に放り込むタイプでなくちゃんとねじ込むタイプでした)中を見たらすぐ出口のほうにこれが見えましたのですぐに取り出せました。
もし奥のほうにある場合は100円ショップなどにワイヤー製の詰まりを解消するグッズが売っていると思いますのでそれを使ってみるのもいいと思います。

もしここに詰まっていないとすると、後は専門の業者の仕事になります。



お掃除番管理人からひと言

シンク下の蛇腹の排水のホースはねじ込んであるだけなので回せば外れます。外したら中に棒などを突っ込んでみるといいと思います。

排水口イメージ

このページの先頭へ