お掃除道具は何種類のものを持っていますか?

家にあるお掃除道具を思い浮かべてください。家にはどのようなお掃除道具がありますか?
ほうきやちりとり、そしてバケツや雑巾、洗剤なども入るでしょうか。掃除機もそうですよね。
それは多いと思いますか?少ないと思いますか?

各自それぞれのライフスタイルに合ったお掃除道具をお持ちだと思いますが、基本的なお掃除道具と言えるものが何種類かあります。
その中から、家の中の掃除に限って言うと、外で使うほうきやちりとりなどを除いて考えたらそれほど多くはないという印象です。

もしかしたら何か掃除道具を買ったほうが掃除がはかどるんじゃないか、とか、そういえばうちにはまともな掃除道具ってないな、とか、動機はなんでもいいのですが、掃除道具を買ってみようとしたとき、何を買ったらいいかわからないっていう人は案外多いのかもしれません。
そんな人の為に、これで掃除がはかどるかも!と思えるような掃除道具を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ブラシ | お掃除道具

お掃除をするというと、イメージ的にはバケツに雑巾で拭き掃除、というのが一般的ではないかと思います。
子供の頃から、学校での掃除が掃き掃除と雑巾がけが多いということもあり、そのようなイメージを持つし、バケツと雑巾を使うことを掃除と呼んでいるのかもしれません。
まずここから離れるには、ブラシを持つことをお勧めします。

ブラシも洗車ブラシのように大きいものではなく、もっとハンディな感じの歯ブラシの親玉みたいなブラシがいいかと思います。

色とりどりのブラシ

ブラシでどこを掃除するのかというと、凸凹したところやくぼんだ所、隅のほうを掃除するときに使います。例えば、サッシのレールとか、キッチンタイルがあればその目地、部屋の隅のほうとかいろいろです。
面の部分には効率が悪いのであまり使いません。
なんでブラシでなきゃダメなのかと申しますと、圧倒的に隅のほうまで汚れが取れるからというほかはありません。
雑巾がけでは取れない汚れが年々溜まってきて目立つ汚れになってきます。また、ダニ等も気になるかもしれません。

キッチンのタイルの目地は油が入り込んでだんだんと固くなって、油汚れが落ちにくくなっていきます。 まだ汚れが柔らかいうちに緑のマジックリンとブラシを使えばキレイになると思います。
そして、お風呂にタイルを使っているならば、多分白目地が多いのでカビ汚れが目立ってくると汚く見えますよね。そこにカビキラーとブラシを使って掃除をすれば比較的きれいになるでしょう。
これらはブラシがないと、汚れが落ちにくいし、当たり前のようにブラシを使っています。 全ての目地をブラシでこするのは骨が折れると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、結果を見ればその想いも報われますよ(笑)

ブラシを使ってクリーニング

あと、部屋のドアの枠の根元あたりは意外とほこりが溜まって、白っぽい感じになっているかもしれません。
ここに薄めたエコ洗剤などをスプレーしてブラシでこすり、最後に拭き取れば隅の方がホントスッキリするんですよね。
これは意外とやっていない掃除方法だと思いますよ。

ドアの隅の汚れ

エコ洗剤でスプレー、と書きましたが、重曹を水で溶いたようなもので充分かと思います。
拭き掃除でどうしてもこの隅のあたりは拭き残しになるところなんです。急いでいるときとか疲れてくると特にです。

サッシのレールは言わずもがな、ですね。100円ショップにもペットボトルの先に付けてレールを洗うようなブラシが発売されているようですし。
サッシのレールは、髪の毛やほこりが溜まりやすい場所ですので、一度掃除機をかけてからの拭き掃除をしたほうが、ひと手間かかる分大変なようで実は効率的だと思います。
ペットがいる家庭では特にそうだと思います。大家さんに内緒で飼っている人もいるかもしれませんが、大体わかります。言いつけたりしないですけどね(笑)

サッシのレールクリーニング

ということで、ハンディなブラシは使い勝手がよくそれほど場所をとらないと思いますので、お掃除道具をそろえるならばまず第一に購入されることを提案したいと思います。
100円ショップにもいろいろ売ってますよね。

パッド | お掃除道具

ブラシが隅のほうやくぼんだ所を掃除するためのものなら、パッドは面を掃除するための道具になります。
お風呂の壁や浴槽、キッチンの油汚れのついた壁、キッチンのシンクなどはパッドを使って掃除するほうが効率がいいでしょう。
なんでパッドがいいかと申しますと、パッドはウエスよりも汚れをかきとる能力に優れているからです。
ウエスで油汚れを掃除するのもいいですが、ウエスに油まみれになることが多く、そのウエスはそれ以降使えなくなってしまいますので、ある意味経済的でもあります。

ニットのお掃除パッド

パッドには、スコッチブライトのように対象物に傷をつけてしまうものと、傷をつけないタイプのものがありますが、傷を付けず、なおかつ汚れ落ちの良いものがありますので、そのようなものを選ぶといいと思います。
3Mから発売されているスコッチのハイブリッドなどはなかなかいいと思いますよ。

スコッチブライトハイブリッド

浴槽やお風呂の壁にはそれ専用のものもありますね。
アルミ色したスポンジたわしのようなものでも意外ときれいになります。新品よりも少し使ってフニャっとなったもののほうが使い勝手はいいですね。
キッチンの壁の油汚れ、コンロの上の油汚れなどにはもってこいといいますか、もともとこれ専用にある掃除道具だと言ったほうがいいかも知れません。
しかし、シンクにはクレンザーを少し使って磨きに使ったりと、面をこする作業にはこれが最適だと思います。

アルミ蒸着のパッド

ヘラ | お掃除道具

ヘラと書きましたが、実際のところヘラでいいのかピンとこないのではないかと思って躊躇しましたが、他に何と言っていいか思いつかないのでヘラと言わせていただきます。
とにかく薄い固めの材質で出来た、汚れをすきとるように使うもの、ということです。
なんでヘラを使うかといいますと、これはまさに効率を上げるためということにほかなりません。

前に書いたブラシやパッドを使う前にヘラを使って汚れをすきとってしまうんですね。
それから洗剤を使い、ブラシやパッドを使って掃除するということですね。
キッチンの油汚れは、実際のところ油が何層にも重なって汚れを形成していることもあり、そのまま洗剤をかけてもなかなかキレイにならないこともあります。そんなときにヘラを使うのです。

キッチンの油汚れ

汚れが洗剤を使わなくてもすき取れるくらい柔らかい時にはそのままヘラを使い、固い時には洗剤を塗布して汚れを緩めてからヘラを使います。
ヘラですきとって、汚れをキッチンペーパーなどで拭い、またすき取ってというふうに何回も繰り返して汚れを削っていきます。
ヘラは金属でできたものですと対象物に傷を付けてしまいますので、傷をつけないようなプラスチックなどで出来たなるべく固い材質で出来たものを探すといいと思います。

プラスチックのヘラ

また、なかなか傷がつかないような例えばタイルの上でヘラを使う時には金属のものでもいいかと思います。しかし、その金属でもヘラの歯の部分が薄いもののほうがいいと思います。しなりが使えて、傷がつきにくいんですね。

一枚刃

またサッシの溝でもヘラが活躍します。
たまにですが、ほこりや泥汚れが固まってブラシでも時間がかかる場合があるんですが、そんなときに細いヘラを使って汚れを前もってすきとってしまうと、やっぱり効率がいいです。

サッシ掃除に使うヘラ

この場合、割りばしや竹を割いて細く平たくヘラにしたものでもいいと思いますし、多分最適なんじゃないかと思います。
傷がつきにくいですし、カッターナイフで自作できますしね。


と、3種類の道具を書いてみたのですがいかがでしょうか?


このブラシとパッドとヘラは、意外と関係が深く全く別のものではないという感じがしますね。
これらを持ってるとたぶんあなたの掃除のレベルが変わってくると思いますよ。 是非お役立てくださいませ。



話は変わりますが、その道具の収納する場所っていうのが意外と厄介なのかもしれません。
もちろんそれらを使う頻度によって、収納場所も違ってくるでしょう。
例えば、キッチン回りって食器を洗うこともあるのですが、とにかく清潔にしておきたい場所で、汚れては掃除しての繰り返しでその掃除道具は手に取りやすいところに置いていることだと思います。
そんなにいろいろ買っても置いておく所がないよという単身ワンルーム住まいの人もいるかもしれません。
そんな方には、キッチンの一角にちょっと置いておけるような、洗濯機のところにちょっとひっかけて置いておけるようなお掃除道具がいいかと思います。
お掃除道具でさえ使わないと埃を被ってカビが生えたりしますので、道具が汚くならないような頻度で掃除をしたいものですね。

スポンサーリンク


ブラシやパッドなど掃除道具について・メニュー

もう一歩踏み込んで、あると便利な掃除道具であるブラシやパッドなどを紹介したいと思います。

ブラシについて

日ごろ使っているブラシや便利なブラシを紹介しています

パッドについて

パッドは繊細なものでして、傷の入らないものを使わないと大変なことになります。





お掃除番管理人からひと言

プロのお掃除屋さんだとすごい道具持っているんでしょ?とか言われて、実際大そうな道具を持っていそうだと思われるかもしれませんが、決してそうではありません。
でも、変わったものを持っているかもしれませんが(笑)
道具は使い様でほんとに化けますし。
でもいろんな道具を使うのも楽しみではあります。

このページの先頭へ