コークボンドとは?

これは主に隙間を埋めるために使います。
フローリングと巾木の隙間、柱とボード又はクロスの隙間、あとクロスにあいた画鋲などの穴埋めに使ったりします。
色も白、アイボリー、茶色(フローリング色)と様々な色がありますので場所に応じてお選びください。

コークボンド
<スポンサーリンク>


コークボンドの使い方

施工もとても簡単です。画像を見てもわかるように先のとがった部分を少し切り、中のボンドがちょうどマヨネーズのように出るようにします。用意しておくものは水をいれたバケツと濡れ雑巾です。

まずボンドをマヨネーズのように埋めたい隙間に流し込みます。その後すぐに余分なはみでたボンドを雑巾でふきとってください。乾く前は水性なので容易に拭き取れると思います。ボンドの上もなぞるように拭き取るときれいに仕上がります。
隙間の周りはしっかりと拭き取らないとボンドが残りがちです。仕上がったら乾くまでは触らないでください。隙間の巾にもよりますが大体半日くらいで乾きます。

クロスの入隅の隙間充填


間が5ミリ以上になる場合は強度を考えてコーキングという作業にします。よくガラスとサッシの境界の部分やサッシと壁の境界の部分に使ってる材料です(爪の跡をつけたくなるようなやつ)これは後々発表しますね。

新築でもこれで隙間を補修しますが、建物は古くなってくるとどうしても隙間ができてくるものです。その時に使ってみてください。
各所ホームセンター、建材屋でお求めになれます。

<スポンサーリンク>




お掃除番管理人からひと言

コークボンドは人と人との隙間は埋めれません(涙)



DIYイメージ

このページの先頭へ