網戸張替えの道具

網戸一枚300円位、この道具でさえ400円しません。
網戸を売ってるとこなら置いてありますよ。ホームセンターならいろんな種類を選べますね。かなり安くできると思います。

さて、この「道具」ですが網を固定するビート(ゴム)をいれるためのものでこれさえあればもうしめたものです。私でさえ二回目にはなんとか成功しました(一回失敗した笑)道具の車輪が段違いになっており自然と網がピンと張れるようになってます。

網戸張替え道具
<スポンサーリンク>


網戸の簡単な張り替え方

古い網戸ならばまず四隅にあるねじを締めます。 というのは普段の使用でだんだんと緩んでくる場合があるので。
締めておかないと網戸を張る場合に網戸が歪んで貼られてしまいます。そうすると網戸を入れて網戸を閉めた場合にサッシ枠との間に隙間が出来ちゃうんですよね。長方形にならなければならないのに、角が直角にならないでひし形にちょっとだけゆがむ感じです。
網戸を外した状態で立ててみて少し力を加え、網戸枠のガタつきのチェックは必ず行うようにしましょう。
四隅のねじは一か所に二個ついている場合が多いです。一か所は枠をとめているねじでもう一か所は、上部は外れ止めの調整ねじ、下部は戸車の高さ調整ねじです。

張られた網戸が少しだけ歪んでいる場合はこの下部の戸車の調整ねじで高さを調整して歪みをまっすぐに調整できます。ただし調整できる幅はそれほど大きくありません。
ですので、最初に網戸枠がしっかりしているかチェックすることは大切です。
しっかりしていれば枠の歪みを気にすることなく普通に網戸を張ることができるでしょう。。

網戸ビート入れ


網戸を張る場合ですが、上記の網戸を張る道具の全部張る方向でいいと思いますので徐々にビートをいれていきます。網は特別引っ張る必要はないし引っ張らないでください。ただ、網が曲がらないようにしておけばいいのです。

ビートは古くなってひび割れが出来ていたり固くなっていたりしたら替え時です。替えないと網戸がビートから外れやすくなってしまいます。ビート自体も300~400円程度です。サイズがありますのでサンプルを持っていって店頭に持っていきましょう。どのサイズかわかりにくい時には店員さんを呼んで聞けばサイズを測ってくれると思います。


角は道具のおしりのほうでいれてください。
そして最後に余分な網を切るわけですが気をつけないとここで失敗してしまいます。せっかく張った網を切っちゃったり。それは私です(笑)よく切れる刃で大胆に慎重にって感じでしょうか。

網戸カッター入れ


ビートの根元あたりで網戸が見えないようにカッターナイフで切っていきます。
以上で完了です。

網戸の完成図


網戸を引くとガタガタしてスムーズでない場合は戸車にCRC-556などの潤滑剤をスプレーするといいと思います。
また戸車はプラスティック製のものが多く欠けていたりすることもあります。ホームセンターに行くと大抵の網戸に使えるワンタッチの汎用性のある戸車を置いてありますのでそれを取り付けるのもいいと思います。一個400~500円程度だったと思います。一枚に2個必要なのですがそれでも1000円以内で収まります。

網戸は自然な状態で10年は使えるものだと思います。日当たりが良い場所だと紫外線の影響でしょうか、劣化が早いです。
古くなると白っぽくなりちょっとした衝撃で破れやすくなってしまいます。またビートも同様に劣化します。劣化したビートでは網戸はちょっとした衝撃によって外れてしまうようになります。こういうときが替え時ですね。掃除することによって替え時を延ばすことはできます。網戸の掃除はこちらを参照ください。

ちなみに今は黒い網が流行ってるみたいですね。黒い網は全体的におしゃれな印象を受けますが埃が目立ちやすいという欠点もあります。

黒い網戸

こんな感じで埃が目立つんですよね。

黒い網戸ゴミ

網戸の視認性が落ちるため、子供さんは網戸があるのがわからずに網戸に突っ込んでいってしまうこともあるようです。網戸の視認性が落ちるということはそれだけ外の景色がよく見えるということにもなりますけどね。
逆に言えばグレーの網戸に比べて黒い網戸は、外から部屋の中の様子が見えやすいということになります。

そういうプライバシーの問題を解消するものに「銀黒」の網戸があります。
この銀黒色の網戸は、夜や夕方の外が暗くなって部屋の中のほうが明るくなった場合でも、中の様子が見えにくいようです。
ホームセンターに置いてあるので興味のある方は探してみてくださいませ。

<スポンサーリンク>




お掃除番管理人からひと言

網戸の目の細かさの単位は「メッシュ」で表しますが、普段使いなら#20くらいで十分だと思います。お店には#26くらいまで売られていたのですが、最近では#30まで置いているようです。あまり細かすぎても風量が減るのではないかと。まぁ、お好みですけどね。#26と#30の差なんてほとんどわかりません。
ただ、虫の侵入は少なくなると思います。

DIYイメージ

このページの先頭へ